小山市で地域No.1の整骨院を目指します。

膝の痛みでお困りの方へ

  • HOME »
  • 膝の痛みでお困りの方へ

このような症状ありませんか?

  • 膝が痛くて長時間歩くのがつらい
  • 立ち上がる時に、痛みが強い
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 膝の水を抜いても、時間が経つと痛みがでてくる

膝痛

膝の痛みの原因は様々であり、骨盤まわり、股関節、足関節などの動きが悪くなったせいで膝に痛みがでるケースが多くあります。
膝の内側が痛い、外側が痛い、膝裏に痛みがでる、膝の上が痛いなど、同じ膝の痛みですが治療法は違います。膝の変形自体は整形外科等へ通院し治さないといけませんが、痛みをとることは整骨院でも可能です。

膝関節痛
膝関節に痛みがでる場合、関節の変形、筋肉の緊張、カラダの使い方や歪み、ケガによる捻挫、スポーツ障害など原因は様々です。何が原因で膝関節に痛みがでているか判断して、治療していく必要があります。あなたの膝の痛みも治る可能性はあります。あきらめず当院にお任せください!
変形性膝関節症
筋力低下、体重増加などにより膝関節のクッションの役割になっている半月板(軟骨)が変形し、すり減り、膝の関節に負担がかかります。炎症がおき関節液が過剰に滞留し、痛みを伴います。熱感や腫脹があり、膝の曲げ伸ばしの制限もかかります。
注射によって水を抜いても炎症が治まらないうちに動き出すと、また関節液が滞留してしまい痛みが軽快しないことが多いです。変形したことによって膝をかばった姿勢となり、周辺の筋肉の緊張が起き姿勢も崩れ、余計に関節部に負担がかかり、痛みと関節の変形を助長してしまいます。お早めに医療機関の受診をお薦めいたします。
スポーツ障害による膝の痛み
スポーツをしている方で多くみられるのは、カラダの使い方やバランスが崩れていることで、本来持っているカラダの柔軟性や筋力、力をうまく発揮できていないことです。負担のかかるカラダの動かし方をしていると、余計に特定の筋肉にストレスがかかり、炎症やケガのリスクが高まります。特定の筋肉、関節ばかりに負荷がかかり、膝を支える靭帯や上下の関節である股関節、足関節ひいては腰部へのケガ、痛みの原因となります。
スポーツを楽しみたい方、高いレベルで競技に臨みたい方、お気軽にご相談ください。

施術対象

膝の痛み、椅子から立ち上がる時の痛み、歩行痛、正座ができない
膝の屈伸時の痛み、変形性膝関節症、スポーツ障害

一般的な治療法

湿布、薬、安静、筋力強化、ストレッチ

当院の治療法

手技治療によるバランス調整
痛みの原因になっている筋肉を緩め、緊張を残すところは残し膝関節を安定させ動きを改善します。膝関節周辺には骨盤、大腿骨‘ふとももの骨)、下腿骨(ふくらはぎの骨)、足関節からも筋肉が付着しています。そのためどの筋肉が緊張していて、どこの関節と筋肉が連結しているかを考え判断し、その筋肉をしっかりと触診し、緩めたり、緊張を残すことで痛みの早期改善につながります。
関節矯正
膝関節を構成している骨は大腿骨と下腿骨です。大腿骨は股関節とも連結しており、下腿骨は足関節とも連結しています。股関節と足関節の動きが良くないと膝関節にも影響がでます。そのため、股関節と足関節の矯正をすることも必要となります。
特殊高電圧治療器
三次元空間をそれぞれ異なった方向に流れる3つの周波によって中枢波が重なり合い立体動態波が発生します。筋肉、靭帯、神経に対する鎮痛効果だけでなく、血行を改善し筋肉トレーニングの効果も上げられる治療器です。
カラダの痛みを伝達しているのは神経です。痛みを感じる神経を治療することで痛みを軽減することができます。極限まで電気特有のピリピリ感を抑え、カラダの深部に電気を通電することができます。


「わたなべ整骨院」は痛みの改善を第一に考えています。
膝は歩行する上でかかすことのできない関節です。膝の痛みがあると歩行することが減り筋力が低下し余計に歩けなくなり悪循環となります。カラダの姿勢も悪くなり腰などにも負担がかかってきます。そうなる前に治療を受けることが必要になります。
お一人で悩まずに、お気軽に「わたなべ整骨院」にご相談ください。
お力になれるよう全力を尽くします!



【休診日】 土曜日午後、日曜・祝日

お問い合わせはお気軽に

3日前から電話予約できます
電話予約時間
8:30〜13:00
15:00〜19:30

〒323-0811
栃木県小山市犬塚5丁目13-1-1階
小山駅から車で10分

地図をクリックするとグーグルマップが開きます
PAGETOP
Copyright © わたなべ整骨院 All Rights Reserved.