小山市で地域No.1の整骨院を目指します。

腰の痛みでお困りの方へ

  • HOME »
  • 腰の痛みでお困りの方へ

このような症状ありませんか?

  • 立ち上がる時に腰に痛みが走る
  • 足が痺れて辛く、長い距離を歩くことができない
  • ずっと腰痛で悩んでいる
  • 座っている時間が長いと、腰が痛くなってくる
  • 何とか腰痛を治したい

腰痛

腰痛としてあらわれている症状は同じようで、その原因はさまざまです。
いわゆる腰痛症とはレントゲンやMRI検査で異常がないか、もしくはあっても神経学的な痺れや痛みの部位と一致しないような腰痛で痛みの原因が不明とされているものをいいます。
いわゆる腰痛症といわれる、原因は筋の疲労、筋力低下だといわれていますが当院では次のように考えます。
背骨が重力に逆らって真っすぐに立てるのは、そのまわりにある筋肉の束が無意識のうちに緊張して支えているからです。この筋肉の束がカラダが歪みによってストレスがかかり腰痛を起こしているものと考えています。そのためカラダ全体の歪みを診て、治療していく必要があります。ギックリ腰など炎症が強い症状に対しても痛みの強い患部以外のところを治療していくことで早期の症状改善をみこめることができます。

腰椎椎間板ヘルニア
腰の背骨には腰椎という5個の椎体があります。この椎体と椎体の間でクッションの役割を果たしている椎間板(軟骨)が変性し、繊維の一部が(髄核)が飛び出した状態をいいます。
この髄核が神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みや痺れなどの症状を起こします。足の麻痺、尿がでにくいなど軽度の症状のものから重度のものとありますので、お早めに医療機関の受診をお薦めいたします。
坐骨神経痛
坐骨神経痛の症状は腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛の症状とともに現れることが多くあります。
坐骨神経はお尻の部分から足の先まで達していて、人体で最も太く長い神経で足全体を縦に走行しています。ヘルニアが原因のものと坐骨周辺の筋肉の緊張による原因のものと骨盤・腰椎のねじれ、歪みが原因のものがあります。症状としては腰痛、足の痛み、しびれや知覚鈍麻、足全体に及ぶ激痛など様々です。
脊柱管狭窄症
脊柱管とは背骨の真ん中を通るトンネルのことをいいます。このトンネルの中を脊髄神経が通っており、何らかの原因によって脊柱管が狭くなり、脊髄神経が圧迫され発症するのが脊柱管狭窄症です。
特徴的な症状は、長い距離の歩行をすると足が痺れてきたり、痛みなどの症状がでて歩行が困難になり、休息しないと歩けない状態になります。歩行と休息を繰り返す、この症状を間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。

施術対象

腰の痛み、ギックリ腰、骨盤周辺の痛み、足の痺れ、歩行痛、立ち上がり動作時の痛み、前かがみ時の痛み、腰が反れない、姿勢不良

一般的な治療法

湿布、牽引、薬、ストレッチ、安静の指示、筋力強化

当院の治療法

手技治療による筋肉のバランス調整
緊張を残したほうがいいと思う筋肉は緩めず、動きをつけたい筋肉はしっかりと緩めます。痛いところだけを治療するだけでなくカラダ全体を診ながら、下半身の筋肉や腹部の筋肉を緩めることだけでも腰の負担は減少します。
関節矯正
腰を支えるために安定した上半身と支える下半身を作ります。
カラダの土台となる背骨と骨盤を矯正し腰の負担を軽減させます。
特殊高電圧治療器
三次元空間をそれぞれ異なった方向に流れる3つの周波によって中枢波が重なり合い立体動態波が発生します。筋肉、靭帯、神経に対する鎮痛効果だけでなく、血行を改善し筋肉トレーニングの効果も上げられる治療器です。
カラダの痛みを伝達しているのは神経です。痛みを感じる神経を治療することで痛みを軽減することができます。極限まで電気特有のピリピリ感を抑え、カラダの深部に電気を通電することができます。


「わたなべ整骨院」は患者さんの痛みの改善を第一に考えております。
治療をしていくうえで大事なことは、痛みのない明るい毎日をとりもどそうと患者さん自身が積極的に前向きに取り組むことです。
皆様の力になれるよう、「わたなべ整骨院」は全力を尽くします!
一緒に頑張りましょう!



【休診日】 土曜日午後、日曜・祝日

お問い合わせはお気軽に

3日前から電話予約できます
電話予約時間
8:30〜13:00
15:00〜19:30

〒323-0811
栃木県小山市犬塚5丁目13-1-1階
小山駅から車で10分

地図をクリックするとグーグルマップが開きます
PAGETOP
Copyright © わたなべ整骨院 All Rights Reserved.