小山市で地域No.1の整骨院を目指します。

スポーツをしている方へ

  • HOME »
  • スポーツをしている方へ

スポーツをしている方へ、学生さん、アスリートへ

  • 「ケガをして練習を休み、安静にするよう言われるのが嫌だ」
  • 「休むとレギュラーから外されてしまう」
  • 「ケガをしてもまた、同じところをケガしてしまう」
  • 「カラダの使い方を診てほしい」
  • 「信頼できる先生を探している」

院長によるテーピング施術の様子

院長は学生時代、小、中、高とバスケットボールをしていて、ケガやスポーツ障害で悩んだ経験があります。そのため、スポーツ障害やケガで好きなスポーツをあきらめてほしくないという強い思いがあります。
捻挫や肉離れ、筋肉、関節の痛みなど経験し、整形外科に行きましたが、「固定して安静にしようね」や「動いているから仕方ないよ」と言われ湿布を出されて終わりました。
確かに仕方ないのでしょうが、当時の私はスポーツのために進学し、もっとうまくなりたい、試合に出てもっと活躍したいと思っていたので、アドバイスや相談にのって欲したかったのです。
練習を休んでも、何をすればいいのかわからない。どうすれば、もっと早く治して競技復帰できるか考え、歯がゆい思いをしていました。
ケガをしたら休むことも勿論、重要ですが、ケガの状態によっては対応できることはあります。
当院では、ケガの対処、治療計画、リハビリプラン、カラダの使い方、テーピング法など、しっかりと患者さん、親御さんとも話し合い、ケガから競技復帰までしっかりと対応、サポートさせて頂きます。

このような症状ありませんか?

下肢編

シンスプリント

シンスプリント図解

走ることが多いスポーツをしている方に多く、運動時や運動後に下腿部(ふくらはぎのスネより)の内側部に痛みが起こるものをシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)といいます。
反復的なランニングやジャンプ動作によって下腿の内側に負担がかかり、痛みが誘発されます。痛みは下腿の内側に沿って鈍痛が起こります。一点のみの痛みですと、疲労性の骨折の可能性もありますが、筋肉のラインに沿ってですと、シンスプリントを疑います。
はじめは違和感や、運動開始時に痛みが出現し、その後は消え、運動はできるのですが終わった後に痛みが戻ってきます。症状が進行するにつれて、違和感・不快感はひどくなり、運動している最中も痛くなります。最終的には、日常動作時にも痛みを伴います。
我慢した分だけ痛みは強くなり、かえって悪化し、長期的に治療がかかります。
アスリートの方はシンスプリントを我慢するべきではありません
姿勢の指導や足首の柔軟性、可動域の確保、足底のアーチ治療、股関節、骨盤の連動性、背骨の動きなど、できることはあります。我慢なさらず、お早めに受診してみてください。

ジャンパー膝

ジャンパー膝図解

ジャンプ動作が多い競技(バスケットボール、バレーボール、ハンドボール)やダッシュすることの多い競技(サッカー、陸上)、キック動作の多い競技(サッカー)に多くみられる疾患であり、オーバーユース(使いすぎ)の膝のスポーツ障害です。
大腿部(ふともも)の前面の筋肉である、大腿四頭筋は骨盤から起始(始まり)し、膝蓋骨の下方にある脛骨粗面に停止(終わる)します。
この大腿四頭筋が脛骨粗面に付着するときに膝蓋腱となります。この膝蓋腱が炎症や損傷を起こした状態が、膝蓋腱炎=ジャンパー膝といいます
原因としては、大腿四頭筋の過度の緊張により、反復的に牽引力(引っ張られる力)が脛骨粗面部にかかり、膝蓋腱部が損傷や炎症を起こしてしまい、痛みが出現するのです。
我慢すると重症化し、慢性的に痛みがでるようになってしまします。
我慢する傾向の多い、スポーツアスリートに多発します。
重症化してからは、安静が必要になってしまい、競技を休むようになってしまいます。
大事な試合前に痛みが悪化し、できなくなる前に、気になる症状がありましたら、お早めに医療機関の受診をお薦めします。

一般的な治療法

湿布、安静、注射、ストレッチ、電気

当院の治療法

手技治療によりカラダのバランス調整
まず、カラダのバランスを整えます。カラダの歪みを整え、本来使うべき筋肉を使いやすくし、負担がかかっている筋肉のストレスを軽減させます。そして正常な筋収縮、可動域の回復、改善させます。そうすることで、ご自身が元々、持っているカラダの使い方やバランス力を取り戻すことができ、自己回復力も高まります。
痛みのある箇所を治療するだけでなく、痛みのある箇所以外のところを治療していくことが大切になります。
関節矯正
各関節の矯正し、カラダの歪みを整えます。
カラダ全体の骨格を矯正することで、自分が本来もっているカラダの使い方や関節の可動域を改善することでできます。カラダの歪みがある状態でスポーツをすることでパフォーマンスが上がると思いますか?
本来もっているバランスを取り戻しましょう!
特殊高電圧治療器
三次元空間をそれぞれ異なった方向に流れる3つの周波によって中枢波が重なり合い立体動態波が発生します。筋肉、靭帯、神経に対する鎮痛効果だけでなく、血行を改善し筋肉トレーニングの効果も上げられる治療器です。
カラダの痛みを伝達しているのは神経です。痛みを感じる神経を治療することで痛みを軽減することができます。極限まで電気特有のピリピリ感を抑え、カラダの深部に電気を通電することができます。多くのプロのスポーツ選手も使用している治療機器です。

わたなべ整骨院外観

わたなべ整骨院ではケガから競技復帰まで、しっかりと治療、対応させていただきます。
テーピングによるパフォーマンスアップテープ、バランス調整テーピングなどもお任せください。
そして当院ではスポーツ競技者向けに新開発されたプライオンテーピングを取り扱っております。プライオンテーピングとは従来のキネシオテープとは違い、「金メダル」「世界一」「日本代表」「世界記録」を目指すトップアスリート用に独自で開発したテーピングであり、実際にオリンピック選手にも提供しているテーピングで、取り扱いには資格が必要とされます。
全国的にも取り扱える先生も少なく、栃木県では当院のみとなります!
疾患別に最善の治療法を選択させて頂きます。自分がスポーツを本気で取り組んでやってきたからこそ、スポーツに取り組む人たちのパフォーマンスアップのために何か役に立ちたいと想い、東京でのセミナーを中心に学び続けてきました。地域の医療に貢献したいのは勿論のこと、スポーツ障害に悩むアスリートのためにも頼れる先生でありたい。全力を尽くします!

アスリートのためのテーピング



【休診日】 土曜日午後、日曜・祝日

お問い合わせはお気軽に

3日前から電話予約できます
電話予約時間
8:30〜13:00
15:00〜19:30

〒323-0811
栃木県小山市犬塚5丁目13-1-1階
小山駅から車で10分

地図をクリックするとグーグルマップが開きます
PAGETOP
Copyright © わたなべ整骨院 All Rights Reserved.