腱鞘炎

こんなお悩みありませんか?

  • 手首や親指を動かすと痛くて家事が辛い
  • 子育て中に抱っこすると痛む
  • ドアノブを回すのも痛む
  • サポーターをしているが治らない
  • 何もしなくても痛むようになっている

喧騒炎の原因とは

腱鞘炎とは手や指の使い過ぎにより関節に痛みが生じる疾患です。骨と筋肉をつないでいる「腱」と腱を包む「腱鞘」が摩擦によってこすれ合うことで炎症が起きます。
パソコンやスマホ、子どもの抱っこや重い物を持ち上げるような動作の方に多くみられます。
そのため指や手首をサポーターなどで固定し安静にすることや、湿布や痛み止め、局所注射などで一般的には治療されることが多いです。
しかし治療をしているが改善できず再発を繰り返す人もおられます。原因としては根本的な解決治療が出来ていないからです。

代表的な手首の腱鞘炎を例にあげると、使い過ぎのため「腱」と「腱鞘」で摩擦が起き炎症を起こしているのですが、摩擦が起きやすい状況がカラダの姿勢にも根本的な原因もあります。

・肩が内巻きにっている
・鎖骨の位置が正常でない
・腕は内側に捻じれている
・腱鞘炎になりやすい手首の動かし方をしている

など沢山の痛めてましまう要素があります。そのため痛いところだけのアプローチをしていても腱鞘炎の解決にはなりません。
これらことを理解しながら治療をしていくことが大切です。

ドケルバン病(親指の付け根の痛み)

左図のようにトンネルになっている腱鞘の中を県肉が通過しているのですが、親指や手首の使い過ぎにより腱鞘部で炎症がおきる疾患です。
手首の外側部に痛みが生じ、悪化すると腫れもでます。親指を動かしたり、手首を小指側に傾けると痛みが悪化をみせます。
ドケルバン病はパソコン仕事やスマホを親指で使い過ぎ、産後のママさんで赤ちゃんを抱っこ時に痛みが伴うことで来院する方が多いです。
慢性的になっていても、しっかり改善できます!

 

手首の腱鞘炎

手首の腱鞘炎が起きると、ドアノブを回すと痛む、重い物を持ち上げると痛む、物をつかんだだけで痛むことがとても多くなります。
手首の関節の矯正や腕~手の平、肩関節まわりの施術をすることで即効性のある効果をだせます。