先日、オスグット病(膝の成長痛)の患者さんが来院しました

わたなべ整骨院ではオスグット病の施術を得意とし、ホームページをみて宇都宮から親御さんと一緒にきた小学6年生

サッカーをしており、中学生になっても栃木県でも強いクラブチームへ進むことが決まっております

オスグットへの施術をしましたが痛みレベル10→2へ変化しましたが、膝の最終屈曲時の痛みが残ります

この子のしゃがみ方をみていると、上手く下半身の筋肉を使えていないように見えました

ここでPLT協会で学んだ、下半身の運動連鎖と筋肉の発火順序をみると

患部側の大殿筋(お尻の筋肉)が反対側と比べて、MMT(筋力検査)の明らかな差がありました

大殿筋への筋への刺激を入れてあげると

見事、オスグットの痛みが10→0に

身体って面白いなぁー、学ぶって楽しいなぁー

もっともっと学んでいきます❗️